【お知らせ】「藍染め、草木染め糸と織り展」について(追記有り)

今年も「藍染め、草木染め糸と織り展」と題しまして、和雑貨おおすぎやさんにて展示会をさせていただきます。

和雑貨おおすぎやさんでの展示会は、とてもありがたいことに今回で4回目!
いつものように新潟の織物作家の塩谷さん親子と一緒の展示会となります。

「雪どけ米」は品切れのため今回はありません。ごめんなさい。

今回もいろいろ良い出会いがあればいいな〜と、とても楽しみに準備をしています。

これまでの3回とは少し異なり、私の展示では今回は藍染が増えます。
過去にご来展いただいた方は、これまでの展示とは色合いが変わったなと感じていただけるかもしれません。

藍染に強い関心を持ち、藍染を自分の仕事の中心にしていきたいと数年前からずっと思ってやってきました。
少しづつゆっくりとではありますが藍染めの道を進んでいるところを、今回の展示会を通じて感じていただける場にできたらいいなと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。


【追記:2017.03.07】
「藍染め、草木染め糸と織り展」ですが、基本的にはなるべく大杉屋さんにいるつもりでいます。
ですが、下記の日時は外出してしまいますので、よろしくお願いします!
・3月9日(木)午後
・3月10日(金)16:00〜

ーーーーーーーーーーーー
「藍染め、草木染め糸と織り展」
会期:2017年3月9日(木)〜14日(火)
              10:00〜18:00
会場:和雑貨おおすぎや
   (大杉屋惣兵衛 お馬出し店 新潟県上越市本町3-3-7)
    駐車場は近隣のパーキングをご利用ください。
   
藍染め・草木染め:つばめのうた(宇賀田 正臣)
織り:塩谷志保子
   水戸部敬子(旧姓:塩谷)
ーーーーーーーーーーーー


藍染め糸(つばめのうた)
藍染めてぬぐい(つばめのうた)
藍染めストール(つばめのうた)
手織りマフラー(塩谷さん)
手織りマフラー(塩谷さん)
手つむぎ毛糸(塩谷さん)
裂き織りバッグ(塩谷さん)
スポンサーサイト

年末年始は軽トラで旅をしてきました。

皆様、あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

実は年末年始と、軽トラを運転していろいろなところに行ってきました。
出雲大社に行くということ以外は特に決めず、無計画で家を出ました。

家を出発をしたのが、12月29日の夕方。
色々と、寄り道をしながら30日の夜中に出雲大社近くに到着しました。
下道を使って移動していたのですが、約30時間ほどかかりました。
長時間の運転でしたが、腰が痛くなりました。

外食は一日に一回というルールを作り、カセットコンロや土鍋を持って出かけました。
途中で買ったイクラを、幌をかけた軽トラの荷台で炊いたご飯の上に乗せたりして楽しみました。

2015010501.jpg

31日の早朝に出雲大社にお参りすることができました。
年末年始は日本海側は大荒れになるとの天気予報でしたが、参拝の最中は天気はよかったです。

初めての出雲大社。
昨年を無事に過ごせた感謝と、今年の抱負をたくさんの神様にお伝えすることができました。
今年も昨年以上にがんばろうと思います。

2015010502.jpg

参拝を終えると、風が強くなり雨が降ってきましたので、瀬戸内海側の広島県に移動しました。
大晦日の夜には尾道でお好み焼きを食べ、元旦には鞆の浦から仙酔島にわたりました。

風が強いものの、天気がよく、国立公園の仙酔島の景色を楽しむことができました。

2015010503.jpg

その後、瀬戸大橋を渡って四国に入り、1月2日には徳島県の藍住町歴史館「藍の館」を見学しました。
今年初めての客だったそうです。

藍染のこと、とても勉強になりました。
でも時間があまりなかったので、徳島へは、また改めて行ってみようと思います。

2015010504.jpg

その後、淡路島を通り、高速道路を使って帰ったのですが、京都のあたりで雪が降ってきて渋滞となってしまいました。

2015010505.jpg

1月3日には岐阜県を通って諏訪湖に行ってきました。
とても天気がよく、諏訪湖からは富士山を見ることができました。

2015010506.jpg

ほとんどが運転でゆっくりと時間をかけて観光ができなかったのですが、いろいろなものを見ることができました。

軽トラの幌のなかでの車中泊旅行、ちょっとした冒険みたいでとても楽しかったです。

またやってみたいです。


————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣) 新潟県上越市浦川原区

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「三年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in


土砂降りの中で車中泊キャンプをしてみました。

昨日の夜、上越市清里区の龍神伝説のある坊ヶ池で、妻と一緒にキャンプというか幌(ほろ)の掛けてある軽トラックの荷台で車中泊をしてみました。

かなり思いつきの行動で、特に理由はありません。
なんだかワクワクしてみたくて(ということらしいです)。

ちなみに言い出しっぺは、妻です。

坊ヶ池に到着したのは、夜の10時頃。
土砂降りの雨の中でした。

妻と一緒に坊ヶ池に来るのは二回目。約3年ぶりです。

雨のため外に出ることもできず、幌の中に雨が入ってこないかを心配しながらも、寝袋に入って寝ました。

夜の3時頃に目を覚まし外に出てみると、なんと雨が上がっていて、ほぼ満月に近い月が出ています。
雨で空気が洗われたせいか、とてもはっきりと月が見えます。

月の光がとても強く、すごく奇麗だなと思いました。

写真では表現できないのですが、ほぼ満月に近い月はとても大きく見え、私と妻の二人の影をはっきりと映していました。

2014061301.jpg

朝になって、一時、天気が良かったです。
虹も出たりしました。

2014061302.jpg

2014061303.jpg

今回は思いつきでこんなことをしてみましたが、とても楽しかったです。
妻と一緒にいると、いつもこんな楽しいことが起こります。

————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣)

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「二年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in



今日は久しぶりに海に行ってきました。

今日は久しぶりに海に行って、釣りをしてきました。

毎年6月頃になると、東京から友人が遊びにきて一緒に釣りをします。
もう何年も続いている大切な行事です。

釣りを始めてから10年近く経ちます。
黒鯛を釣りたくて、ずっとやっているのですが、黒鯛はまだ釣ったことがありません。

いつになったら釣れるのやら。

釣りはとても良い気分転換になりますね。
とても楽しかったです。

2014060601.jpg

————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣)

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「二年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in



小蒲生田集落の昔の水場、「まだね」を整備しました!

春になってから、天気が良い日が続いています。

今年は雪も少なかったので、水不足をとても心配しています。
たんぼの方は、昨年と比べるとだいぶ少ないですが、まだチョロチョロと水があります。

草木染めには井戸の水を使っているのですが、この井戸の水も、雨が降らないと枯れてしまうことがあります。
今日、糸を洗っていたら、井戸の水を使い切ってしまっていました。

実は、そろそろ井戸の水も少ないなと思っていましたので、一昨日から、家から50m程離れた場所にある水場を整備しています。

この水場は「まだね」と呼ばれ、小蒲生田集落の共同の水場だったと聞いています。

昔は池須がいくつかあり、水が湧き出ている上流から、野菜等をあらう池須、洗濯用の池須、牛や馬を洗う池須と、用途が分かれていたそうです。

水道が引かれてからは、あまり使われることがなかったようです。
今は、牛などを洗ったと思われる下の池須は防火水槽になっており、上流の水は井戸水が枯れたときに私が染めに使うくらいです。

一番上流の池須は昨年も整備をして、井戸水が枯れた時に水を使っていましたが、一冬越すとまた元の荒れた状態に戻ってしまっていました。

2014050801.jpg

池須に入った泥や、木の枝等を取り除きました。

2014050802.jpg

半日程経つと、澄んだ奇麗な水がたまりました。

2014050803.jpg

井戸水がほとんど出なくなっても、十分な量の水がわき出しています。
「まだね」の水はとても冷たいです。

2014050804.jpg

今日は、井戸水がなくなったので、「まだね」に行って残りの糸を洗いました。

「まだね」の整備をしたばかりですが、先ほどから雨が降り始めました。
井戸も復活しそうです。

————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣)

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「二年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。