藍建に使う灰汁を取る 

樫(かし)の木の灰が手に入りましたので、
藍を建てるために使う灰汁(あく)を取る作業をしました。

(ちなみに、藍染めが出来るようにすることを建てるといいます。)

お湯(70℃〜80℃くらい)を灰汁に注ぐと、
ボコボコと音を立てて空気が抜けるので、沸騰したようになりました。

よくかき混ぜて、一日置きます。

IMG_2642.jpg

一日経つと、木灰が下に沈み、上澄みができます。

IMG_2645.jpg

この上澄みを取り、藍建てに使います。

IMG_2647.jpg

pHを測ってみると、なんと13.99。
もう少し時間を置くと、エラーになりました。

このpH計、おかしくなってますね。
校正して測り直してみます。

この灰汁を舐めてみると、舌先が結構ピリッとします。

触ると、ヌルヌル。
良く洗わなかったら、指先が少しヒリヒリしてきました。

残った木灰にさらにお湯を加え、2番、3番と何度か
灰汁を取ってから、藍建ての仕込みをしようと思います。

仕込みは来週の中頃になりそうです。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。