藍を建てはじめました。

今日、今年初めての藍建ての仕込みをしました。

藍を建てられるようになって、およそ二年。

毎日、藍の状態を気にして、日々のお世話をかかさず続けてきました。

まだまだわからないことがたくさんある藍ですが、
上手く建って良い色に染まるようになってくれればと思い、
今回も丁寧に仕込みの作業をしました。

まず、スクモです。

IMG_2673.jpg

この前、師匠に会いにいって受け取ってきた、
H25年度産のスクモですが、まだまだ新しいので、
若干しっとりとしています。

このスクモの香り、私は大好きで、
とてもよい香りだと感じてしまいます。
なんだか癖になりそうな感じです。

このスクモに主に樫の木の木灰から採った灰汁を加熱して加え、
練り、泥状にしました。
(写真は、練っている途中です。)

IMG_2677.jpg

全身の重さを腕に加え、スクモを練りました。

丁寧に、スクモの小さな塊もなるべくほぐしながら
練って泥のようにしました。

下は、今回採った灰汁です。
木灰にお湯を加えて、よくかき混ぜたものを約一日
置いておき、その上澄みを採りました。
濁りもあまりなく、透明です。

IMG_2674.jpg

スクモを練ったものを甕(ポリバケツ)に移します。

このスクモを移すだけの作業でも、乱暴に移すのと、丁寧に移すのでは
色が変わると師匠から聞いています。

そう聞くと、どうしても丁寧にやってしまいます。
どんな簡単な作業でも、手を抜かないのが大事ってことですね。

IMG_2678.jpg

ここに灰汁をポリバケツの半分くらいまで加え、
さらに石灰とお酒、そしてふすまを煮たものを加え、撹拌しました。

IMG_2680.jpg

そして、発酵を待ちます。

ちゃんと染められるようになりますように。

————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣)

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「二年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。