スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木斛(もっこく)の木で草木染めをしました。

木斛(もっこく)という木の幹を削って、絹糸を染めました。

この木斛は、昨年12月に埼玉の師匠のご近所の方からいただいてきたものです。
庭木だとのことですが、関東の方には多いのでしょうか。

新潟県ではあまりみない木です。

二週間程前に埼玉に行った時、2月の大雪でビニールハウスの骨組みが曲がったりと、大きな被害があったことを目の当たりにしました。
そして、木斛の木の枝も、雪で折れてしまっているものを見ました。

常緑樹で葉の混んだ生え方をするため、雪の重さには弱いんでしょうね。
それで、雪国の新潟には無いのでしょうね。


木斛がどんな木か、写真はとっていません。


この木斛、古くなった幹材はアルカリ性にして煮出した方が良いそうです。

昨年切ってきたばかりなので、チェーンソーで削って、今回はただの井戸水で煮出しました。

煮出す前に、一晩、水に浸しておいたのですが、それだけで、こんなに赤い色が出ます。

IMG_2655.jpg

木斛を煮出すときの注意点ですが、沸騰すると吹きこぼれやすいことです。
気を抜くとすぐ吹きこぼれます。

毎回吹きこぼしていますが、もちろん今回も吹きこぼしました。

IMG_2666.jpg

今回は、グレー系の糸にしたかったので、鉄媒染で薄い紫鼠色にします。

DSC_0219.jpg

実際は写真より、もう少し紫がかった感じですね。

DSC_14032601.jpg

薄めにそめて、絹糸の光沢がとても生きた感じになりました。

————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣)

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「二年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。