三年目の米の芽が出てきました。

  • Day:2014.04.14 21:23
  • Cat:稲作
今日の午前中は、稲の苗をプールに移す作業をしました。

私の父が、昔からプール育苗をしていましたので、私もそれに習っています。

発芽させた育苗箱を、一枚一枚、畑に作ったプールに並べます。

下の写真の苗は、移植先の田んぼの土から作った自作の土で作ります。
昨年の秋に、田んぼの土と、その田んぼで採れた米の米ぬか、そしてその田んぼで採れた米の籾殻から作ったくん炭を混ぜ、発酵させて作りました。

生みの親(田植え前の土)と育ての親(田植え後の土)を一緒にした方がいいのではないかという考えでやっています。

昨年、一昨年と、木村秋則先生の自然栽培講座を受講しました。
この栽培方法は、その実践になります。

ちょっと黒いのは、土が足りなくなったので、覆土に急遽くん炭を追加したためです。

2014041402.jpg

この下の写真の育苗箱の土は、無肥料の市販の物を使っています。
有機肥料を自分で混ぜて使いました。

種籾は昨年、無肥料のハングリーな環境で育てたコシヒカリです。

他のもち米やコシヒカリBL、五百万石にくらべ芽の出方もよく、均等に芽が出ました。
(三年目の米は従来品種のコシヒカリです。)

2014041401.jpg

2014041403.jpg

昨年は少し苗作りに失敗したところがありましたので、今年はやり方を変えてみました。

この先、どうなるかはわかりませんが、とても楽しみです。

————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣)

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「二年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。