小蒲生田集落の昔の水場、「まだね」を整備しました!

春になってから、天気が良い日が続いています。

今年は雪も少なかったので、水不足をとても心配しています。
たんぼの方は、昨年と比べるとだいぶ少ないですが、まだチョロチョロと水があります。

草木染めには井戸の水を使っているのですが、この井戸の水も、雨が降らないと枯れてしまうことがあります。
今日、糸を洗っていたら、井戸の水を使い切ってしまっていました。

実は、そろそろ井戸の水も少ないなと思っていましたので、一昨日から、家から50m程離れた場所にある水場を整備しています。

この水場は「まだね」と呼ばれ、小蒲生田集落の共同の水場だったと聞いています。

昔は池須がいくつかあり、水が湧き出ている上流から、野菜等をあらう池須、洗濯用の池須、牛や馬を洗う池須と、用途が分かれていたそうです。

水道が引かれてからは、あまり使われることがなかったようです。
今は、牛などを洗ったと思われる下の池須は防火水槽になっており、上流の水は井戸水が枯れたときに私が染めに使うくらいです。

一番上流の池須は昨年も整備をして、井戸水が枯れた時に水を使っていましたが、一冬越すとまた元の荒れた状態に戻ってしまっていました。

2014050801.jpg

池須に入った泥や、木の枝等を取り除きました。

2014050802.jpg

半日程経つと、澄んだ奇麗な水がたまりました。

2014050803.jpg

井戸水がほとんど出なくなっても、十分な量の水がわき出しています。
「まだね」の水はとても冷たいです。

2014050804.jpg

今日は、井戸水がなくなったので、「まだね」に行って残りの糸を洗いました。

「まだね」の整備をしたばかりですが、先ほどから雨が降り始めました。
井戸も復活しそうです。

————————
草木染め工房つばめのうた(宇賀田 正臣)

 ホームページ:http://www.tsubamenouta.com
 メール:mail☆tsubamenouta.com
 メール送信時は☆を@に変えてください。
 Facebookページ:https://www.facebook.com/tsubamenouta

 草木染め、藍染め(灰汁発酵建)で糸等を染めています。
 棚田(天水田)・天日乾燥(稲架掛け)の無化学肥料・無農薬のコシヒカリを作っています。

 新潟県産コシヒカリ 棚田・天日乾燥「二年目の米」のご購入はこちらから。
 ネットショップ:http://tsubamenouta.thebase.in




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)